株式会社 テクノアーム小松
  • 外国人採用について
  • オーダーメイド型外国人採用
  • 実績紹介

外国人と日本企業との架け橋に...

外国人採用での気になる3つ

言葉の壁

初めて外国人を受入れる際に、一番に気になるのは『言葉の壁』です。イントネーションの違いから、双方で聞き返す事が多く、慣れるまで時間が必要です。しかし、日本語能力試験(JLPT ※)で3級以上で合格している場合は、言語知識、読解、聴解が一定水準をクリアしているため、すぐに慣れます。

※JLPTとは?
一般社団法人 国際教育支援協会( http://ieso.jp/ )と国際交流基金( https://www.jpf.go.jp/j/ )が主催している日本語能力試験であり、80か国239都市において、5段階レベルで認定している試験になります。

費用

日本では理系の新卒相場が80万円~150万円となっていますが、外国人相場は言語の違いや日本語の能力から、受け入れに慎重な意見も多く、80万円前後で推移しています。しかし、今後は更に高騰も予想されます。採用競争が激しい日本より、優秀な外国人を採用する動きは活発化しています。

教育

技術については、各国共に日系企業の進出(投資)により、教育水準も上がり、日本式に教育する企業が増えております。また、報連相や5sなどは、海外でも教育する企業は増えております。弊社では、コンプライアンスの教育を徹底し、試験に合格したエンジニアだけを採用し、来日後は専門の技術研修を行ってから配属しております。

 

 

INFORMATION